第52回日本生体医工学会大会/IEEE EMBS Conference 2013

大阪で開催されているIEEE EMBS Conference 2013と第52回日本生体医工学会大会の合同開催で2件発表しました.

第52回日本生体医工学会大会
M. Sato, T. Uchiyama:’System Identification of Mechanomyogram in Voluntary Contraction of Anterior Tibial Muscle’,第52回生体医工学会大会(2013)

IEEE EMBS Conference 2013
Y. Fukuoka, M. Tashiro, T. Uchiyama: Systemes Analysis of Interactions between Micrornas and Genes in Hepatocellular Carcinoma, 35th Annual International IEEE EMBS Conference (2013)

第33回バイオメカニズム学術講演会

東北大学で開催されました.当研究室からは,

  • 田村:筋音図のシステム同定による小指外転筋収縮モデルの検討
  • 酒井:システム同定法を用いた短母指外転筋誘発収縮モデルの検討
  • 赤澤:ワイヤレスモーションセンサを用いた剣道竹刀の素振り評価システムの開発

の3件を発表しました.

NEC_0036

World Congress 2012

World Congress 2012 Medical Physics and Biomedical Engineeringで”Independent Component Analysis of Mechanomyogram Detected with an Acceleration Sensor in Motion”で発表してきました.

会場は,Beijing International Convention Centerです.道路向かいには鳥の巣がありました.

第51回生体医工学会大会

第51回生体医工学会大会が5月10日から5月12日まで,福岡国際会議場で開催されました.本研究室では,以下の3件の発表を行いました.

  • 有岡:機械刺激による筋・脂肪の力学モデルのシステム同定
  • 田村:筋音図のシステム同定による単一運動単位収縮モデルの検討
  • 酒井:短母指外転筋における誘発筋音図のシステム同定